貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

カテゴリー "わっしょい!" の記事

鼻垂れ



多分新曲でした。

ふとした拍子に「そうだ!曲が完成するまでニコ生しよう!」と思いついて、
7時間ぐらいぶっ続けで作業して屁こきながら完成させました。

ほんと一からだったので、進行とか何も決めずに始めたんですが、
やってみると自分の作業行程の基本みたいなものが再認識出来て、
普段の曲完成とはまた違った達成感でした。

まずギターでなんとなくのリフを作って(間奏あたりのAの音から半音ずつ下がっていくリフ)
それに合う進行を作って(イントロからAメロまでとかサビとか)
それに合わせてベースを書いて、
ドラムのパターンを決めて
それぞれが繋がるようにまた別の進行作って(Bメロとかサビ前とか)
繋いで構成、で全体像が見えた感じ。
ここまでで約4時間ぐらい。
結構時間かかってる印象。


で、それぞれのパートに上物になるギターリフを差し込んで(イントロの鬱屈なリフとかAメロBメロのオクターブリフとかサビとか)、
仮ミックスで曲自体は完成。
そこから歌詞とメロを同時に進め始めました。
最初はAメロから順番に作ろうかと思ったのですが、
なんかメロ作りづらいなこのコード進行めんどくせえと思ったので、
サビを最初に。
そのメロを基礎にAメロBメロと作っていきました。
Aメロは口数多めだったのでBメロの「ああ」とか「やだ」とかで差別化。
サビ前は曲に合わせて、サビの速いテンポと差別化。
そんな感じ。
メロ考えてるうちに今回はUTAUの「鬱多シノ」を使おうと思ってました。

結局放送内で完成はしたのですが、
実際は終わってから数日ミックスの調整とか、メロをオクターブ下げたりとかしてました。
生放送聞いてないと分からない話ですが。

なんだかんだと完成したのでイラストを沖に頼んで、
動画にしてぽい。
怒濤の制作スピードでした。

つっても曲完成まで7時間ってめっちゃ時間かかってるなという印象なので、
作曲が仕事の人は大変だなと思いました。
まる。

普段曲作るときはGmailで歌詞をストックするんですが、(クラウド的な扱いが出来て便利)
今回はケータイのメモに書いていて、
いちいちそこからコピペするのめんどくさいので歌詞は載せません。
以上。

愛くるしさから来る熱量を



ちょっと遅くなりましたが新曲でしたね。

難産でした。
前記事でも書いたようにモチベーションがなかなか上がらない状態だったのもあるし、
拍とか構成がぐちょぐちょなのも一因です。

最初はイントロのベースラインをギターで思いつきました。
と言っても、最初は4/4拍子でした。
それをベースで打ち込んだら拍を間違えて、何拍子か今でも分かりません。
まあでもこれはこれでいいじゃんとなったのでそのままにしました。
キックが等間隔なのが訳の分からない拍子に対する抵抗です。
そのあとのBメロまではなんとなくすぐ固まりました。
自分の流行なんですが、Bメロはずっと同じコードです。
Emかな?
メロが動いているので実際は多分コード当てられるんですが、考えてないです。

そのあとがなかなか続きませんでした。
構成とか進行とか全然思いつきませんでした。
抜け出すきっかけになったのはCメロのとこなんですが、
これは前作の言葉に息を飲むのBメロを参考にしました。
テンションが上がらない感じ。
その流れでサビの進行が決まりました。
この段階ではBメロとCメロの間の間奏にも歌を入れるつもりで作ってました。

サビ終わって間奏まで作って、ぼちぼち最後まで見えたのでメロ作りに移りました。
これもなかなか進まず、考えた結果今の状態に落ち着きました。
まずAメロは拍を無視した歌にしようと思いつきました。
せっかく訳分かんない拍なのに歌がそこに寄り付いてどうすんだと思って。
で、Bメロは「夜に人は息をする」の部分を前半後半で違うアレンジにしようと考えました。
リズムパターンも変わるしと。
なのでBメロ頭の方は小節頭から始まっていて、後半は小節の半拍前から始まっています。
半拍前から始まると勢い出るよね。

ここで前述のBメロとCメロの間の間奏部分の歌について考えたんですが、
なんにも思いつかなくて、先にそのあとを考えようと思い、サビとサビ前の歌(Cメロ)を作り始めました。
Cメロの「愛くるしさから〜」を作ってみて、これは良い感じだなと思ったんですが、さてここからどうサビに繋げようかと考えた時、
また前作の「言葉に息を飲む」のことを思い出して、
言葉に息を飲むもサビ前(Bメロ)の畳み掛けるようなメロが気に入っていて、そこからサビに繋がっていったわけですが、
じゃあこの曲はこの気に入ったCメロを直接サビにしよう!と思った訳です。
なのでCメロとサビは一緒。多少メロだけ変えたかも。覚えてない。
そんでCメロの最初の「なんでって〜」を作って、Cメロも頭から歌入るのは普通じゃん?って思って
わざと最初2小節開けて、
で、この時点でやっとBメロCメロの間の間奏に歌を入れるのはやめようとなったのです。
定石からはどんどん外していこうと。
結果アレンジもチープなものにして「ここリフも歌もなんもないんか〜い!」ってなってくれよという感じにしました。
ややこしい曲だからこの間奏は癒し。

サビ終わってAメロのギターリフ一本で場を繋いで、終わりのBメロ再び。
ここも「夜に人は息をする」のメロが変わってますな。
歌はこんな感じ。

ギターアレンジも悩んだなあ。
サビは分かりやすいリフをセンターにしてサビ終わりにギターソロは入れなかったり、
イントロからAメロまで続くクリーンギターも迷ってあんなコロコロした感じに。
最初は歪ませて作ってました。
Bメロの前半のセンターギターに不協和音させてみたり。
Cメロはめっちゃシンプルにユニゾン。
サビのR側ギターのオクターブリフがお気に入り。

ドラムとベースはあんまり悩まなかった。
他アレンジに合わせていく感じ。

ミックスは、ちょっと分かりにくいですが、
CメロからLRに分けてステレオ感出してます。
で、サビ前の「滴り落ちる〜」だけセンターで歌わせて、
サビからまたLRに分けてます。
一番最後のBメロ再びはまたセンターに戻ってます。
理由として、Cメロで出て来た歌をそのままサビに使っているので、
サビはサビでもただ呟いているだけとか、一度言ったことを繰り返している、ぼんやり感みたいなのが欲しいなあと。
ここまで訳分からん感じで作ったので、あんまり芯がはっきりしても面白くないからなあ、なんて。
なんて。
なんて、さ。

歌詞は読んだ通りだっつってんだろ!

動画はノーコメントだっつってんだろ!

以下歌詞
違うとこあるんじゃない?

続きを読む

歩く

昨晩は子と二人で外食へ出かけた。
家から近い和食ファミレスだったので徒歩で向かった。
子は前日に叔母夫婦もらったふりふりのワンピースを笑顔で振り回しながら歩いていた。
そのせいでとにかく歩くのが遅かった。
僕が気をつけてゆっくり歩いてもいつのまにか10mぐらい後ろにいた。
急ぐ理由もなかったのでたびたび立ち止まりながら向かった。

思い起こせば短大時代はよく歩いた。
京都は電車に乗れば目的地付近まではすぐ行けた。
しかしそこからは徒歩。
河原町商店街付近は右往左往に様々な店が点在しているので歩くだけで半日が潰れた。
帰りの電車に乗る時はとにかく座れるように、
目をぎらつかせて降りる人が立ち上がる瞬間を駅のホームから見つめていた。

しかし地元に帰ると状況は一変。
交通手段の優先順位をつけると
車、自転車、徒歩、汽車(電車)。
徒歩五分をうちのタントは駆け抜ける。
田舎はとにかく車が必要、というより、道は混まない、汽車は1時間に1本、
徒歩で見る景色はいつまで経っても変わらず、自転車は一人乗り。
結果車に乗る。
嫁は都会人で、もちろん地元にいる時は電車、徒歩、自転車が主な交通手段。
しかしやはりこちらへ来て、車が使える時は車、という感じになった。

普段車に乗っているからか、子供の速度に合わせているからか、
やけにファミレスまでが遠く感じた。
ただ前述のように急いでもないのでそれでも良かった。
この世に生まれ落ちて四半世紀、腹周りが気になり始めた。
毎年いく会社の健康診断の問診票に
「どれぐらい運動しますか」
という項目があり、毎回「1日30分未満」にチェックを入れる。
医者には「酒を減らせ、タバコをやめろ、運動しろ、30代で死にたいのか」と脅される。
別の社員が健康診断を受けてその医者と言い争いになったらしく
「あいつはヤブだ!」と息を荒げていたので
僕もそう思うようにしながら酒を飲んでいる。
健康診断明けの酒は美味い。

15分ほど歩いてファミレスに着き、
夕食と生ビールを頂き帰路につく。
帰りの道中、子供が
「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!」
とその場で小ジャンプを繰り返しながら早口で数え、それから10m進み、また小ジャンプして数えるをやり始めた。
意味が分からず何をしているのか聞くと
「ダイエット!」
と笑顔で言われた。
親父はまだお前には必要ないと諭した。
お前の隣にそれが必要な人間はいるらしいが、
いかんせんジョッキ1杯の妙薬が
地面と足の裏をくっつけていた。

ブックマーク

最近阿蘇カラクリ研究所のサイトに入り浸っている。
サイトの中にあるブログ的な「生きる醍醐味」というやつが読み物としてとても好き。
仕事のこと家族のこと、日常のことを面白おかしくっていう訳じゃなく、マジメにというか、普通に書いてある。
筆者が普通に書いていることが、僕目線で面白く見える。
いや面白おかしく書いている。
面白おかしく普通なことを書いている。
なにがなんだかでしょうが、まずはお読みください。

このサイトに出会ったきっかけはデイリーポータルZだ。
このサイトは色んなライターさんが自分が面白いと思ったものにチャレンジしたりおいしいものを食べてみたり、ざっくり説明すると面白サイト。
その中で参加型の投稿記事紹介のコーナーがあって、そこで阿蘇カラクリ研究所と出会った。
デイリーポータルZはかなり頻繁に見ている。
お昼前にグルメレポみたいなものを見てお腹が空いたり、珍しい魚を釣る記事を読んで魚釣りに行ったり、面白かった記事を嫁に読ませてみたり。

デイリーポータルZを知ったのは2chまとめサイトとかの記事更新をまとめているアンテナサイトなんですが、
デイリーポータルZの横に紹介されていたオモコロというサイトも見ている。
ここは一見そのままお馬鹿なことばかりしているサイト。時々ライターの闇の部分が見えて面白い。
記事を読んでなくても普段Twitterとかをしててインパクトのある画像が流れてきたと思ったら、オモコロの記事中の画像だったりすることもあるかも。

取り留めなく好きなサイトを列挙してみたけど、
思えば中学生の時に自分でケータイサイトを作ってみたり、高校の時は小説投稿サイトや2chじゃない某掲示板で遊んだり、進学直前で元カノに教えてもらったニコニコ動画で未だになんか色々やっていたり、完全にデジタル時代の申し子というか、ただのネット依存症暮らしをしている。
もちろん中には合わないものだってあるけど(Facebookとか)明らかにテレビを見る時間よりPC触ってる時間が長い。

ただその上記した好きなサイトって、書いた本人が体験したことを書いているのであって、
僕がその体験をした訳ではない。
なのに自分がやったことないことをやったことあるかのような気になっていることがしばしばある。
よくない。
よくないぞ。
今後も見るけど。

やいやいゆうてますけど

曲はぼちぼちと作ってはいる。
牛歩。

時々自転車の鍵を無くしてしまうので、
定期的に小さなニッパーで鍵をぶち切る作業をしている。
20分ぐらいはかかるが、切れる。
どうかと思う。
非常にどうかと思う。
大通りに面している場所で夜中作業をしているのに、警察に声をかけられたりということは一度もない。
ほんとどうかと思う。
逆に切れないような鍵買って鍵無くしても困るので、
こんな感じの鍵でいいのだけども。

4月からタバコの値段が上がった。
僕が吸っているのはエコーというタバコで、値上げ前は250円,
値上げで280円。
買い始めた頃は180円だったのでそれから考えると100円値上がりしている。
周りから再三タバコやめろカスと言われる。
実際4回ぐらいやめている。
またすぐ始まる。
禁煙外来も考えている。
時々仕事用のカバンから禁煙のススメみたいなチラシが出てくる。
多分嫁が入れている。
すまん。
すまん。
と考えつつ、煙が昇る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。