貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

鼻垂れ



多分新曲でした。

ふとした拍子に「そうだ!曲が完成するまでニコ生しよう!」と思いついて、
7時間ぐらいぶっ続けで作業して屁こきながら完成させました。

ほんと一からだったので、進行とか何も決めずに始めたんですが、
やってみると自分の作業行程の基本みたいなものが再認識出来て、
普段の曲完成とはまた違った達成感でした。

まずギターでなんとなくのリフを作って(間奏あたりのAの音から半音ずつ下がっていくリフ)
それに合う進行を作って(イントロからAメロまでとかサビとか)
それに合わせてベースを書いて、
ドラムのパターンを決めて
それぞれが繋がるようにまた別の進行作って(Bメロとかサビ前とか)
繋いで構成、で全体像が見えた感じ。
ここまでで約4時間ぐらい。
結構時間かかってる印象。


で、それぞれのパートに上物になるギターリフを差し込んで(イントロの鬱屈なリフとかAメロBメロのオクターブリフとかサビとか)、
仮ミックスで曲自体は完成。
そこから歌詞とメロを同時に進め始めました。
最初はAメロから順番に作ろうかと思ったのですが、
なんかメロ作りづらいなこのコード進行めんどくせえと思ったので、
サビを最初に。
そのメロを基礎にAメロBメロと作っていきました。
Aメロは口数多めだったのでBメロの「ああ」とか「やだ」とかで差別化。
サビ前は曲に合わせて、サビの速いテンポと差別化。
そんな感じ。
メロ考えてるうちに今回はUTAUの「鬱多シノ」を使おうと思ってました。

結局放送内で完成はしたのですが、
実際は終わってから数日ミックスの調整とか、メロをオクターブ下げたりとかしてました。
生放送聞いてないと分からない話ですが。

なんだかんだと完成したのでイラストを沖に頼んで、
動画にしてぽい。
怒濤の制作スピードでした。

つっても曲完成まで7時間ってめっちゃ時間かかってるなという印象なので、
作曲が仕事の人は大変だなと思いました。
まる。

普段曲作るときはGmailで歌詞をストックするんですが、(クラウド的な扱いが出来て便利)
今回はケータイのメモに書いていて、
いちいちそこからコピペするのめんどくさいので歌詞は載せません。
以上。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。