貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

最近の事

悪い夢ばかり見ている。誰かにおっかけられたり戦ったりして、早朝に「はっ!」と目が覚める。
辛い。
もっとゆっくりのんびり起きたい。

ここ最近は音楽が出来ていない。曲を作ったり云々。
作曲欲の倦怠期を迎えている。
昔はこういう時に「うぁあ〜〜〜〜!曲が書けないよぉ〜〜〜〜!スランプだぁ〜〜〜〜!」と枕を蹴り飛ばしていたが、
何度か繰り返すうちに、よくあることだと分かったので特に気にしてはいない。
差し迫った締め切りもないし。
ただふと思いついたネタは記録してある。
こういう時期があると、また作り始めた時の集中力は猪のよう。
さすが田舎人。
音楽と害獣の合体だ!

GWは子供と実家に帰った。
小さなお祭りを見に行ったり、竹を切って来て釣り竿を作って川に出かけたり、庭でバーベキューしたり。
人生で一番GWらしいGWだったかもしれない。
数年前に実家の近くまで高速が伸びてきた。
それと4月から「奥しまんと博」というイベントが始まった。
なので、なのか、県外ナンバーが渋滞を作っていた。
広くない道なので完全にキャパオーバーしていた。
それを尻目にこちらは子供の自転車に乗る練習を酒を飲みながら見ていた。
実家田舎万歳。有意義。優越感。
子供は姪っ子と喧嘩をしていた。
一人っ子なのであまり喧嘩をしているところを見た事がなかったので新鮮だった。
嫁曰く、子供の怒り方と僕の怒り方は似ているそうで、
そういえばこの前、子供が何の話しをしているか分からず、何度か聞き返していると
「何回も言わせんとって!」と怒られた。
僕も嫁にそう言ったことがあるので、なるほどと思った。
墓参りにも行った。
僕のじい様に手を合わせた。
じいちゃんは僕が1歳になるころに死んだ。
なので思い出せる思い出はなにもない。
ただ生前の話を聞いていると、石集めや古銭集めなど
凝り性なオタク趣味があったみたいで、母親からすると僕は似ているそう。
僕の結婚式の前日、自宅にあった僕の小さい頃のアルバムを引っ張りだしてみると、
僕がじいちゃんに抱っこされている写真があった。
その写真は結婚式の時に母親にあげた。
母親は笑っていたけどどう思ったかはよく分からなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。