貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

生誕していく

近年貰った誕生日プレゼントは勿論覚えてるんですが、
さて一番最初に貰ったものと思い返せば、
一番古い記憶ではアンパンマンの太鼓でした。
どうやって遊んでいたかとか、いつまで遊んでいたかとかは覚えていませんが、
貰ってすぐ首からかけて(ひも付きだった)パジャマ姿でYOSHIKIばりのドラミングを披露したことを覚えています。

さあ他に貰った記憶は…と辿ると、あんまり覚えてないものですね。
中学生か高校生かになると誕生日にはお金を貰っていたのでなんとも。
ただ中学生時の誕生日の時期、異様にネギが好きな時期があって、
母親に「誕生日は何が食べたい?」と聞かれ、
「長ネギの串焼き」と答えました。
実際当日には長ネギの串焼きがメインで食卓に並びました。
僕は一口食べて(もういいかな…)と思いました。
体は正直かよ。

逆にあげる立場になるとこれは悩ましく、
特に嫁相手には手を抜く訳にもいかず、毎年四苦八苦です。
具体的な内容は恥ずかしいので書きませんが、まあ四苦八苦ですわ。ええ。
なんだろうねあの気持ち。
負けらんねえ!みたいな。
大変。


小さいときはアンパンマンとスーパーマンの違いは、
飛行する時の手の形がグーかパーかだと思っていました。
見たまんまですが。
そこまでヒーロー好きという訳ではないですが、
ご多分に漏れず普通の子供だったので、
それなりに、普通にヒーロー戦隊ものとかそういうアニメとか見ていました。
今ジャンプで連載している「ヒーローアカデミア」や原作も追ってる「ワンパンマン」とか、
昔ほど分かりやすいヒーローものじゃなくなってきているなと思います。
まあそれはそれで、ちゃんと子供向けのヒーローものはありますが。
アンパンマンなんか今見るとかなり暴力的な問題解決をしているのでヒヤヒヤします。
ヒーローものって暴力的。
解決したらなんでもいいじゃん感あるよね。
そういう理不尽、でも、結構好き。
色々苛まれるお年頃です。
今日26歳になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。