貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

拝啓 俺へ

あなた3月中にもう一曲とか仰ってなかったですか?
気のせいですか?
もう4月直前ですが進捗は?


駄目です。
お仕事ピークがやっと過ぎましてなんとかしたい所存ではありますが、アップ時期については未定です。
動画のネタだけは決まってます。
撮影して編集したら完成です。
そういう感じです。

また別の曲作ってますが、これも完成は未定です。
ギター以外のアレンジと歌詞までは出来上がっていますので、ボカロ打ち込みとギターアレンジと録音が残っています。
がんばろうじゃないか。


世間で話題になる音楽の事情について、多少ではありますが、それなりに目を通してみたり考えてはみるものの、いまいちピンと来る話がありません。
なぜかな。
僕はこうしてぼちぼちと長い期間趣味作曲続けてはいますが、果たして音楽が好きかどうか聞かれるとよく分からんので、そこかもね。
心底音楽に興味があります!って言えればきっとピンと来る部分があるのでしょう。
あるのかな。
分かりません。

多分僕の曲って、音楽を作りたいがための作曲じゃないのよ。
音楽が目的じゃない。
じゃあ何が目的かっていうと、曲作ったりバンドでライブに出たりすることが目的なんですよ。
過程が目的というか、曲作ってるときの、アレンジが積み上がって曲に幅が出来ていく感じとか、ライブのライブ感、生き物感とか、そういう流れてる、動いてる部分が多分好きなんだと思います。
なので音楽好きかって聞かれたら、好きなんだとは思うんですけど、ちょっと一歩引いたぐらいの好き具合なんじゃないかなあ。
なんて、考えます。最近は。

なので音楽の技術的なこととか、将来性とか、そういう話にピンと来てないのではないかと。
クラムボンの人のインタビュー読んで考えてました。
バンドっていう形態はもう古い、的な。
セカオワのボーカルもまだギターで曲作ってんの的なこと言って炎上してたような。
セカオワの方はそのインタビュー読んでないので知りませんが、クラムボンの人のインタは納得できるね。
なかなか筋が通ってる話だと思います。
実際、実感としても「目を瞑ってるな」と思うことはあります。
うーん。
でも、俺が曲作る中での考え方とは関係ない話かなー。
好きになったら傾倒すると思うけど、今はあんまりそういう方向に興味ないしな。

僕の趣味音楽と、彼の音楽と仕事の両立という視点は違うからでしょう。
そういう視点の違いがあると、やはりピンと来ないのでしょう。
逆に仕事で音響やってるから音響マンの話とか読むとピンと来るんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。