貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

背後で卵が割れる。




ということで今回はHaniwa氏作曲、私編曲の「背後で卵が割れる。」について。

今回の企画については全てを相手に放り投げてしまうところがミソであると僕は考えていました。
なのでHaniwaさんの曲をいかに自分の曲っぽく仕上げるかに神経注ぎました。

まず曲のコピーから。
といってもコピー、確認しつつアレンジを加えていったので完コピはしていません。
原曲に一番近いのはベースです。
ギターについてはほとんど違います。
ドラムもかなり違います。

曲の出だしを考えていて、最初はHaniwaさんをなぞってやってみようかなとも考えたんですが、上記の通りのことを思ったのでそれじゃあいけねぇやと思い直し、色々考えました。
結果、最近自分で作る曲の中で大事にしている「休符」を念頭においてアレンジを進めました。
無音の間を作って切迫した雰囲気が出るように。
ということでリフすら休符使ってたり。
良い選択だったと自画自賛であります。

ギターソロっぽいソロも久しぶりな気がします。
今回のギターソロはギターメインのパートを作りたかった訳じゃなくて、そのあとに続くサビ、大サビへの前置きというか前座というか、Cメロ、みたいな扱いを目指しました。
なのでサビ大サビ含めた後半パート全体で盛り上がっていけるようなフレーズにしています。
具体的にいうと、サビのメロが(割れて〜)音階で言うと上がっていくメロだったので、ソロの出だしは逆に下がっていくように作ってあります。
ソロの出だしで下げてソロの後半でだんだんメロの入り口に近づいて行くように。的な。
考えて作ってるんですね荒木さん。
下がりすぎないように半音下がって行くフレーズ使ってみたり。
ちょっと分かりにくいですが、ソロ出だしの2小節分のフレーズと3、4小節のフレーズ、同じフレーズっぽいですが違ったりします。
最後の3つの音が。
半音ずつずれてるんですね。気持ち悪い感じがしてお気に入り。

mixに関しては正直あまり考えずにやりました。
あまり細かく詰めなくてもまとまってるなと感じましたので。
飛び道具は完全封印で。
動画コメントで言われてましたが、マイルドというか、あまり尖らずにやろうと決めていました。
僕は編曲担当だったので、Haniwaさんの曲を自分なりにまとめるという気持ちで作りました。
自分なりに変えるというより。
結果かなり変わってるけどね!
僕が自分なりに編曲すりゃ僕っぽくなるんだから、変に尖ってHaniwaさんの原曲雰囲気ぶちこわすだけならやらない方がいいかなと。
そういう理由であります。

なんか書き足りない気もしますが、ここまでで。
次回このシリーズの記事としては最終回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。