貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

25

本日誕生日を迎えました。
四半世紀生きてみたったwwwwwwwwwwwってスレがまとめサイトに載る予定です。

誕生日プレゼントはビールとかCDとかもらいました。
CDはアジカンの「フィードバックファイル2」とピロウズのトリビュート「ROCK AND SYMPATHY」です。
アジカンは僕の中で別格なのであえて言及しませんが、ピロウズが好きってのはあんまり公言してません。
いや特に意味はなく。してなかったところでなんなの。
ピロウズ好きっつってもアルバム一枚しか持ってないしね。
欲しいね。
東京カランコロンがカバーしてるのだけ、以前ラジオで聴きました。
ノンフィクションは良い曲です。
9mmの声が結構ピロウズっぽくて違和感なかった。右耳のギターさんはゴリゴリだったけど。
間違いなくタッキー。初見タッキー余裕。

25歳になったのでこれから一年の指針としまして「おしゃれになる」というものを知人に掲げましたが、いや全然そんなつもりがないので何故掲げたのかと反省しています。
まあ…ほら…お洒落って…見た目だけじゃないし?心のお洒落?的なアレ?
それ?

曲が一つ完成しました。
前回の楽しいばかりの地獄絵図で毒を吐ききってしまったので歌詞も曲もすごくやんわりとしたものになりました。
媚びていくぅ。
苛立ちとか怒りとかで曲作ることが多いので、ちょっと新鮮な気持ち。
また動画にしたらアップします。

あとtmboxに初音ミクの新曲アップしました。
新曲というかボツにした曲ですが。
こめかみを通り過ぎていく
ボツにした理由はサビのコード進行がなんだかなあって思ったから。
それだけ。
なので全体通して動画にするぐらいの詰めはしてます。
作りきってるってこと。
お暇なときにどうぞ。
以下歌詞


耳を塞ぐふりをしてどうも漏れだす鉄屑日和
溶けて行くアイスクリーム人間
バランスの取れた女子のささくれ

言葉は飛び立ちシールは剥がれず
抉れた心にコンクリ流して
導線結んで涙を削って電信柱叩き折って
あいつの面影太陽遮る枇杷の木の木陰ずっと待ってる
煙を吐いたり足を揺らしたり

こめかみを通り過ぎていくように
平らな海がただいまを吸い込んでしまった

なみなみと注がれていく電報
祝福の拍手気持ち逆立つ

笑顔を絶やさず真面目に勤しむ
性的サービスちらつく友達
隣の部屋から聞こえる間違い握った何かの行方はいずこ
夕暮れ沈まず輪っかを作っていくらばかしかの小銭で凌いで
死にたくなってみたり

寂しさが通り過ぎていくような
手のひら翳し、また明日またいつかと

わわわ、わわわ
こめかみを通り過ぎていくように
平らな海がただいまを吸い込んでしまった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。