貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

透明な定規で距離を測る



新曲でした。
小難しい曲になったかなと思います。
始まりはイントロのベースです。
そこから広げていきました。
最初考えていた展開にはなりませんでしたが、まとまってくれたと思います。
Aメロ2までがカッティングとか入ったちょっと軽いノリだったのでBメロでドラマチックなロックを目指しました。
さらにサビではポップロックのイメージで作りました。

実際、「こういうイメージ」って思いながら作ってもどこかしらか僕の暗さが溢れてきて今回のような曲になってしまいます。
僕はもちろん自分の曲なので好きなんですが、やはりどうあがいても暗いので、自分で選んでそういう暗さを出したいなと考えています。
自分で選んで、というのは明るい曲も作れる技術ありきで、暗い曲にしたいなと。
技術。
勉強しましょう。
はい。

動画は歌詞の「積み木みたいな〜」のくだりから着想。そのまんまな発想。凡。

歌詞はなるべく以前使ったような言葉は使わないようにして(めっちゃ使ってるけどね!!!!)、特にBメロは分かりやすくしようとあまりぶっ飛んだこと言わないようにしました。
言ってる?
言ってない言ってない。
歌詞をまとめてしまうと「生活するって大変だよね」ってことです。

はい。

そして新曲作ってます。
歌まで出来てます。
あとギターと微調整、ミックス、など。
6月中には見せられるようにしたい。
時々ニコ生で作曲配信してますんで遊びに来てくださいね。
これからはなるべく月曜日の夜にやりたいなと思ってます。「月曜定例会」として。
95%の確率で酔ってますが。

以下歌詞(間違ってる部分があるかもですが気にせんとってください)

ひとりふたり雨の街に咽せ返りながら
流れていく錆の匂い
跳ねる水溜まりの躍動
萎れていく目枯れていく声
たらりら歌う

おかしなことを言う人の中で息してる
積み木みたいな気持ちが馴染んでいく 

透明な定規で距離を測る
愛から愛までの距離を測る
およそ165cmの間が埋められず

咲いた花踏みしめて
いつか浴槽いっぱいの涙に溺れて
悲しい

おかしなことを言う僕も君も息してる
積み木みたいな気持ちが気持ち悪い

透明な定規で距離を測る
SとNそれは裏返しで
およそ165cmの間は埋まらない

ひとりひとり雨の街に咽せ返りながらいく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。