貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

モテたい

作曲が趣味な僕ですが、あんまり機材にはこだわりがありません。
こだわりを持てるほどお金もないし。
ただギターピックはPICKBOYのTerry Gouldティアドロップ1.00mmがベストであります。
唯一と言ってもいいこだわりです。

僕はピッキングが荒くて、昔はもっと厚めのピックだったんですが、ギターに実際当たる側面が厚過ぎてちょっと扱い辛いなと思っていて、色々試した結果、それに行き着きました。
勿論他のメーカーでもティアドロップ1.00mmはあるんですが、材質なのかなんなのか、すぐに削れたり割れたりして使い辛かったです。
京都での学生時代はそれをずっと使ってたんですが、地元にはそれがなかったので一番感触の近いESPのやつを使ってたんですが、やっぱり弾き心地に納得ならず、近くの楽器屋に頼んで取り寄せで仕入れてもらいました。最近。

思い起こせば僕がギターに興味を持った中学生時代。
クラスメイトのほとんどが音楽の授業で初めてギターを触り、そしてそれが流行ったその頃。
みんな楽器に対する頓着なんてないので、名札(ぺらい素材)で弾いたりしていました。
休み時間にこれみよがしに教室のベランダで弾いてみたり。
僕はその頃、通っていたピアノ教室でギターを触っていて、そのピアノ教室にはガットギターしかなく、ずっと素手で弾いていたので、逆にピックとか名札とか道具を使って弾くのが苦手でした。
別にクラシック出身ではないんですが。
みんなより先に触ってたわりに上手くなかったし。

ただ、クラスメイトでくっっっっっっっっっそ上手い、今考えても上手い、多分今の俺よりギターが上手い子がいて、そいつの周りにはいつも女の子がたくさん集まっていて(しかもイケメン)、僕はそんな彼が羨ましくて、モテたくて、ギターに興味があったわけではないんですが、続けました。
正直、音楽やってて今までで1人だけ携帯番号聞かれましたが、それ以外、ギターでどうこう、バンドでどうこうという女の子との関係はありません。
ギターでモテたいという理由で続けた僕は、ギターでモテたという記憶はなく、ただ音楽を作るという趣味に昇華(?)され、今現在に至っておるわけです。
はい。
そんなことを思い出していたのです今日は。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。