貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプット

何を間違ったか作曲などという割と創造性の高い趣味を行っているんですが、果たしてその源はなんぞやと最近ぼんやり考えています。
漫画、小説は好きですが感受性が豊かかどうかと問われると甚だ疑問です。
どういうつもりで「気持ち悪いゴミ」ってタイトルが生まれたのかさっぱりさっぱり。
妻子とは良好な関係である自負しております。まじ荒木さんアットホームだから。
なので実生活で「気持ち悪いゴミ」なんて曲が出来上がる要素はないんじゃないのかと。
あり得る要素としてはインターネッツの海に漂っていて見かける有象無象の罵詈雑言とかね。直接的な原因ではないかもしれませんが。
というかそういうものが溜まって溜まって溢れ出たんじゃないかな。
色々なものがね。
それが僕の言う「源」なのだとすれば、僕のやっている音楽は実際のところ創造的なものではなく、有限にある燃料をシュポシュポ噴かしてどっかへ向かっている汽車、つまり憂さ晴らしであると、そんな仮定が導き出される訳です。
ただそう考えてしまうと、僕としては「音楽やりたいっていう純粋な気持ちで音楽やってます」って気持ちもある訳で、そんな憂さ晴らしなんて簡単な言葉で私の個性を否定しないでよなんて、思う側面もあります。
いやーめんどくせえ。
でも思うのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。