貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

第4回川じゃんロックフェスティバル

1時間ぐらいかけて同じタイトルの記事を書いたのですが何故か消えました。
深い悲しみを胸に再度書きます。
若干文章のテンションが低いことだけ、お許しください。くそがあああああああああああああ!!!!!!!!

10月12、13日四万十市入田河川敷にて第4回川じゃんロックフェスティバルが開催されました。
今年はメインステージと
2013101208480001.jpg

サブステージ(森ステージ)という
2013101210550000.jpg
二つのステージでライブをしました。
僕はサブステージにて音響としてお仕事しました。
去年はこんな感じ

12日、非常に良いお天気で僕の心は菩薩のように穏やかでした。
サブステージは弾き語りメインだったのでのんびりとした雰囲気の中、音響やってました。
トイレと場所が離れていたため3回ほど死にそうになりました。
青い空、白い雲、膀胱。
その3つを合わせて世界はやっと平和になるのです。
なんか怒られそう。

この日のサブステージトリは下町のナポレオン クリトリック・リス
僕は短大時代のバンドメンバーから「すごいやつがおる」とyoutubeで見させられてから存じ上げておったのですが、まさか自分が音響するなんてディスティニー。アンドラブ。
改造パンツを身に纏い、世の憂いを叫ぶその姿こそロックンロール。
終始笑いながら音響やってました。

その後メインステージでゲストのBEGINが始まりました。
お客さんもかなり集まって(しかも入場無料だからね)いましたね。
四万十市がしまんちゅになった瞬間でしたね。ええ。うまい。

13日も引き続きおいしいものを食べたり居眠りをしたり(お客さんがね)かなりフリーダムな進行具合でした。
この日は僕が今外部コーチをやってる高校の子たちが出たりしました。
僕も相変わらずのんびりと音響やってました。

メインステージ大トリのクリトリック・リスさんでフェスは終了。
僕は撤収後、別の仕事に向かい、それが終わってすぐ主催の方に電話。
「やってます〜〜〜〜〜〜〜〜?????」
「終わったか〜〜〜〜〜こいやこいや〜〜〜〜〜〜」
そんな流れで打ち上げに侵入。2013101323000000.jpg

打ち上げ会場に入ると皆さん完全に出来上がっていて、2回ぐらいしばかれた(冗談でだよ!)と思うんですが残念ながら僕も出来上がっていたのであんまり覚えていません。
色々話したような気がしますが全く内容が思い出せません。
ただ色んな人に話しかけ、ありがとうございましたばっかり言ってました。
多分。
粗相はしてない。多分。

宴は挨拶と歌で締めくくられ、終了。
各々が思い思いの場所へ帰って行きました。
皆さんお疲れさまでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。