貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

踊る再構築




前の曲「だいだいぶう」の動画をUPしてから作り始めて、9日で完成しました。
どうしたんだろうか。俺。
タイトルについてですが、仮のタイトルは意味なく「ペレストロイカ」でして、意味を調べると「再構築」という言葉が出てきたので引用しました。
繰り返して「いるような」日常が本作のテーマになっています。
以下歌詞。


汚れちゃった手のひらぱぱっと
払いのける僕らの絵
また駄目だった
やり直しだった
いつも通りまた始める

忘れちゃったやり方、ちらっと
昔描いた僕らの絵
まだ若かった
やり直しだった
これも今も、そのままだった

笑い合う秘密基地や
水滴が落ちるジュース
飛行機雲が千切れて静かに消える

死んでく夜
産まれる朝
誰かの昼間
ふやけてく夕暮れ
踊り回る
独楽が回る
思い出せず

忘れちゃった、全部をさらっと
したり顔で嘘をつく
さよならだ
また明日
これが今は言えなくなった

混ざり合う汗の匂い
擦りむいて滲む赤が
呼ぶ声遠く千切れて静かに消える、夢かな

柄にもなく
涙流し
膝を抱えて
ふやけてく夕暮れ
踊り回る
独楽が回る
僕は止まる

つまらないこと
繰り返して
そんなつもりでふやけてく夕暮れ
それでもなお
僕らはまだ
僕らはまだ

死んでく夜
産まれる朝
誰かの昼間
ふやけてく夕暮れ
踊り回る
独楽が回る
思い出せずに

だからなんだと息巻いて
これでは駄目だと立ち上がる
嗚呼、踊ろうぜ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。