貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

しらす丼

とある家庭の事情でここ最近節約節約節約な僕です。
まあもともと裕福とは言えない家庭育ちなため、全然その生活自体は構わないのですが、やはり時々は外食しておいしいものを食べたいです。

僕は子供のころより白米が好きです。
なにもかけず、おかずもなしに白米だけを食べていると稀に「なんで白ご飯だけで食べられるの!?」と驚かれますが、実際みなさんどうなのでしょうか。
白米だけでもおいしくない?
もちろん何かかけて食べるのもおいしいですが。

一昨日あたり、近くの薬局で買い物をしている時にしらすを衝動買いしました。
僕が買ったのは「干ししらす」というスーパーで売ってるものよりすこし固いものだったのですが、子供の時はそういうしらすもそうだし、鮭フレークとかごはんですよとか、結構貴重品だったので使うことに制限をかけられていました。
まあ出来れば柔らかいしらすの方がいいのですが、僕はもう一家の主、どれだけしらすを白米に乗せようと誰にも文句は言われまい(自分の小遣いで買ったし)と思い二袋購入して、家に帰って炊飯器からご飯をよそい、こんちくしょうめとしらすをふりかけ食したのです。
いややはりこれはうまい。
今思い出しても涎がでますな。

高知県の特産品に「どろめ」と「のれそれ」という海産物があります。
「どろめ」はつまり生しらす。踊り食いといいますか、そのまま食しちゃう感じの食べ物です。
「どろめ」という名前は聞いたことがあるかもしれません。
「のれそれ」はどうでしょうか。高知県人な僕ですが、最近まで聞いたことがありませんでした。
こちらはアナゴの稚魚なんかを生で食す食べ物です。
しらすよりニョロっと長くてなかなか歯ごたえがあります。
これもまた美味い。機会があればぜひ。
高知県と言えば鰹のタタキではありますが、もっとローカルに食べたいものを絞って見るとたくさんおいしいものがあるんですよ。

ちなみにしらすはイワシの稚魚です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。