貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

第三の目

三つ目があるキャラと言えば天津飯な荒木です。
気功砲!気功砲!気功砲!気功砲!気功砲!気功砲!気功砲!気功砲!


つねづね第三者としての立場は取りたくないと思っています。
例えば誰かと誰かが議論を交わしているのをみて、何かを言うようなこと。
ただ見るだけとか、興味ないとかは良いのですが、言及はしたくない。
なぜかというと、自分が当事者、見られている立場で外野からやいのやいの言われたらムカつくからです。
自分が嫌なことを人にするな、と。
それは囃し立てる
ようなものであれ、冷静な意見であれ、同じです。
でもなかなかそうもいかず、オブラートに包みまくって言ってしまうことがあります。
その後後悔して毎回やめよう、と思うのです。
自分の心の平穏を保つための我慢は、平穏ではないジレンマ。
はい。

さて本日は朝から胃痛を感じているので何をやるにも非常に億劫になっているので、今日の日記はこれにて。
もうちょっとポジティブな記事を書きたいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。