貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

しかし僕はマンガが好きだ

この世に生まれでて23年。
僕の人生はマンガだらけである。


今日なんとなく考えていたのですが、僕が「これは!」と思うような、人生を語る上では外せないようなものは大体そこに「挫折」が関わっているように思います。
マンガも、映画もアニメも。
僕が好きなアニメ、攻殻機動隊の新作が発表されましたね。
すごい期待はしてるんですが、声優が一新されるらしいのでかなりの不安をはらんだ期待です。
大塚さんのバトーじゃないとかどういうリアクションとったらいいの。
まあそこにはたくさんの大人の事情って奴があるのでしょうが、そこらへんかなり微妙な感じです。

以下ネタバレ注意。



攻殻機動隊ってだいたいバトーさんとトグサの挫折で成り立ってると思うんです。
少佐も悩んでるけどなんかあの人自己解決してるし。
それに振り回されるバトーさんとトグサを愛でるアニメだと思うんです。思うんです。ほんと思うんです。
「あ〜〜〜〜〜〜好きです〜〜〜〜〜〜〜」
って言うようなアニメってあとはカウボーイビバップとラストエグザイルとサムライチャンプルーぐらいなんですが、大概主要ンバーが挫折を「ちゃんと」味わってるような気がします。はい。
あ、グレンラガンも。
うん。



あんまりネタバレはしてないですが、今日の記事を要約すると「攻殻機動隊の新作楽しみ」というとです。
DVDボックス欲しいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。