貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

僕です

酒の勢いとはいえ、やらなければと思う所存です。
3月5日にライブをやるという計画が浮上しています。
とても狭い場所なので(というかライブ用の飲み屋じゃない)出来るかどうか不安です。
僕もマスターも酔っていたので勢いだけの決定でした。
でもやらんとなぁ。
弾き語りですわ。

僕がギターを始めた当初、練習にはもっぱらGOGOギターという雑誌を使っていました。
月刊で最新の曲や昔の曲の簡単なギター譜が載ってるやつです。
何冊か溜めて友達と回し読みしながら練習してました。
中には弾き語り用の譜面もあって、歌いながら練習していましたので、初心者の子がよく言う「歌いながら弾くとか無理」という思い出はありません。
しかしいかんせん歌自体が上手くないのであまり人前で披露することは無かったのですが、今回、こういう事態になり、練習しなければ、と。
助けて。

実際何度かライブ用に作った即席バンドで歌ったことがあるのですが、なにぶん動きながら弾く事が好きなので、マイクの前から動かない演奏というのはどうしたらいいのか分からない面が多いです。
でもやはりやると決まればそれなりに仕上げていきたいので、どうにか自分をかっこ良く見せる術を見つけなければなりません。
どうしようかな。
これはかっこいい!って言えるようなことを思いついたらまた書きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。