貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十回:曲が出来るまで




出来ちゃった。
なんかごめん。


火曜日が仕事お休みなのでストレス発散だ!とか思いながら作ってたら完成しちゃってそしたら投稿したくなって投稿した。
まじでごめん。
まあ…ごめん。


さて。
この曲「熱線」は僕の曲です。
僕の常日頃から思っていることを曲にしています。
とりあえず歌詞の解説でもしようかなと思います。 どうでもいい毎日などかけらもない少しもない ←自分の日々の行いが今の自分に繋がっていくんだよ
とんぼによく似た生き物が笑う笑う笑う ←よく分からない

劇的に死ね ←ドラマチックな人生を送ってください

僕の頭上を飛び回る
煙草の匂いは散った
眼鏡を揺らして
語る瞳は溝鼠 ←なんか調子乗って語ってる自分きもい

空の青さが恨めしい
ただいまおかえり言った
あの日を思って
戻る気などないのに ←昔を懐かしみながら黄昏れてる自分きもい

泣き出す夢心は折れ近付く夜を ←いっぱい曲作ったけど認めてもらえないので泣きたい
いつもの嘘吐いたすぐあと、悔やみ叫ぶ獏  ←同上
青春の発露リーマンの土下座発情した猫 ←世の中こんなことが起こってます
雑多な世界を歩く阿呆どもを熱線が貫いた ←そんな世の中とか自分とか、自分勝手な感じを正論がめっためたにしてくる

僕の頭上を飛び回る
悲しい悪夢が散った
眼鏡を探して
動く瞳は溝鼠 ←なんか調子乗って行動してる自分きもい

人の不幸が恨めしい
逃げ場所があっていいな
隠れてしまって
進む気などないのさ ←世の中達観してる自分きもい

涙は枯れ人を羨み離れる僕を ←認められなくて悔しいからすねてる
繋ぐ糸くず燃える足先、しかし行く場もなく ←でももう一曲作ったら認められるかも。でもどうしたら認められるんだよぼけ
人生は続く日雇いの職場内緒の話 ←世の中こんなことが起こってます
雑多な世界を歩く阿呆どもを熱線が貫いた ←そんな世の中とか自分とか、自分勝手な感じを正論がめっためたにしてくる 

どうでもいい毎日などかけらもない少しもない
とんぼによく似た生き物が笑う笑う笑う

泣き出す夢心は折れ近付く夜を
いつもの嘘吐いたすぐあと、悔やみ叫ぶ獏
青春の発露リーマンの土下座発情した猫
雑多な世界を歩く阿呆どもを熱線が貫いた

劇的に死ね


こんな感じ。
これは意訳です。まとめると自分きもいって歌詞です。

ちょっと今疲れてるので次の記事でまた曲と今後の展開について話します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。