貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

2016年06月の記事

愛くるしさから来る熱量を



ちょっと遅くなりましたが新曲でしたね。

難産でした。
前記事でも書いたようにモチベーションがなかなか上がらない状態だったのもあるし、
拍とか構成がぐちょぐちょなのも一因です。

最初はイントロのベースラインをギターで思いつきました。
と言っても、最初は4/4拍子でした。
それをベースで打ち込んだら拍を間違えて、何拍子か今でも分かりません。
まあでもこれはこれでいいじゃんとなったのでそのままにしました。
キックが等間隔なのが訳の分からない拍子に対する抵抗です。
そのあとのBメロまではなんとなくすぐ固まりました。
自分の流行なんですが、Bメロはずっと同じコードです。
Emかな?
メロが動いているので実際は多分コード当てられるんですが、考えてないです。

そのあとがなかなか続きませんでした。
構成とか進行とか全然思いつきませんでした。
抜け出すきっかけになったのはCメロのとこなんですが、
これは前作の言葉に息を飲むのBメロを参考にしました。
テンションが上がらない感じ。
その流れでサビの進行が決まりました。
この段階ではBメロとCメロの間の間奏にも歌を入れるつもりで作ってました。

サビ終わって間奏まで作って、ぼちぼち最後まで見えたのでメロ作りに移りました。
これもなかなか進まず、考えた結果今の状態に落ち着きました。
まずAメロは拍を無視した歌にしようと思いつきました。
せっかく訳分かんない拍なのに歌がそこに寄り付いてどうすんだと思って。
で、Bメロは「夜に人は息をする」の部分を前半後半で違うアレンジにしようと考えました。
リズムパターンも変わるしと。
なのでBメロ頭の方は小節頭から始まっていて、後半は小節の半拍前から始まっています。
半拍前から始まると勢い出るよね。

ここで前述のBメロとCメロの間の間奏部分の歌について考えたんですが、
なんにも思いつかなくて、先にそのあとを考えようと思い、サビとサビ前の歌(Cメロ)を作り始めました。
Cメロの「愛くるしさから〜」を作ってみて、これは良い感じだなと思ったんですが、さてここからどうサビに繋げようかと考えた時、
また前作の「言葉に息を飲む」のことを思い出して、
言葉に息を飲むもサビ前(Bメロ)の畳み掛けるようなメロが気に入っていて、そこからサビに繋がっていったわけですが、
じゃあこの曲はこの気に入ったCメロを直接サビにしよう!と思った訳です。
なのでCメロとサビは一緒。多少メロだけ変えたかも。覚えてない。
そんでCメロの最初の「なんでって〜」を作って、Cメロも頭から歌入るのは普通じゃん?って思って
わざと最初2小節開けて、
で、この時点でやっとBメロCメロの間の間奏に歌を入れるのはやめようとなったのです。
定石からはどんどん外していこうと。
結果アレンジもチープなものにして「ここリフも歌もなんもないんか〜い!」ってなってくれよという感じにしました。
ややこしい曲だからこの間奏は癒し。

サビ終わってAメロのギターリフ一本で場を繋いで、終わりのBメロ再び。
ここも「夜に人は息をする」のメロが変わってますな。
歌はこんな感じ。

ギターアレンジも悩んだなあ。
サビは分かりやすいリフをセンターにしてサビ終わりにギターソロは入れなかったり、
イントロからAメロまで続くクリーンギターも迷ってあんなコロコロした感じに。
最初は歪ませて作ってました。
Bメロの前半のセンターギターに不協和音させてみたり。
Cメロはめっちゃシンプルにユニゾン。
サビのR側ギターのオクターブリフがお気に入り。

ドラムとベースはあんまり悩まなかった。
他アレンジに合わせていく感じ。

ミックスは、ちょっと分かりにくいですが、
CメロからLRに分けてステレオ感出してます。
で、サビ前の「滴り落ちる〜」だけセンターで歌わせて、
サビからまたLRに分けてます。
一番最後のBメロ再びはまたセンターに戻ってます。
理由として、Cメロで出て来た歌をそのままサビに使っているので、
サビはサビでもただ呟いているだけとか、一度言ったことを繰り返している、ぼんやり感みたいなのが欲しいなあと。
ここまで訳分からん感じで作ったので、あんまり芯がはっきりしても面白くないからなあ、なんて。
なんて。
なんて、さ。

歌詞は読んだ通りだっつってんだろ!

動画はノーコメントだっつってんだろ!

以下歌詞
違うとこあるんじゃない?

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。