貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

2014年03月の記事

多感なお年頃

気付けばもうすぐ4月ですね。
公私ともに非常に多忙であります。
そのせいで全然進んでないもの(何かは言及しません。遅れてごめんなさい。やりますんで)なんかもある中、合間暇に芋虫のごとくインターネットを這い回っています。
今年は妙に自分の活動への活力があって、このろうそくの火が消えないように色々手を出したいなと思っております。
具体的に言うとボカロメインではない曲作りとか。
Vo荒木若干による。
僕の曲はギターで上物を録りきることが多いですが、それ以外の音も取り入れていきたいなと思っていたりもします。

最近はご縁とか、図書館に行く機会があるとかで読み物をしていることが多いです。
ご縁っつーのは主に借り物の漫画ですね。
直近ではヘルシングとか亜人とかARIA読みました。
それぞれが、それぞれで、という感想。
ネタバレ防止のため、深くは触れません。
私は無能かもしれんが卑怯者ではないよインテグラ。
図書館では名探偵の証明というミステリー小説を借りて読みました。
これまた内容には言及しません。
表紙借り、ではあります。蜜柑可愛い。
このように色々な読み物をしているので、多感なお年頃になった気分です。
永遠の17歳。
男はみな子ども。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。