貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

カテゴリー "デジ卓" の記事

デジタル化:3

第3回です。
次はエフェクトについて、ですが正直まだ理解出来てない部分があります。
というかまずパラメータの名前覚えないと。
逃げてたからね荒木さん。その辺から。

エフェクトインはAUX5〜8にパッチしてます。
エフェクトアウトはエフェクト1、2をSTINの1、2に、3、4をインプットチャンネルの29〜32にしています。


まずフロントから出る音にリバーブをかける方法。
1chがボーカルだとして、それにかけます。

1 LAYERのMASTERボタンを押す
2 AUX5を0dbまであげる
3 LAYERの1〜16ボタンを押して1chをONにし、0dbまで上げる
4 FADER MODEのAUX5を押して、1chのフェーダーを上げる
5 もう一度MASTER戻ってステレオアウトフェーダーの右にあるST IN1を上げる
6 リバーブかかってるよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

はい。
と、僕はこういう手順で操作していますが、リバーブ(エフェクト)の考え方としてはあまりよろしくないかも。
ここで小言なんですが、SENDとRETURNの考え方ってめんどくさいよね。
何がインとかアウトとか。
ね。

どうよろしくないかと言うと、上記の書き方だと5の作業が一番最後に来ていますが、結局各chで操作するなら4のところでやらなきゃいけない。
なので順番が入れ替わっちゃうんだよね。
STINは最終的なRETURNなので「どれぐらいかけるか!」っていうのを固定して、あとは各chをどれぐらいSENDするか、ってやり方じゃないと調整もなにもないんだよなーーーーーー。
しかもHOMEの1〜16のフェーダーをあげる理由もあんまりない。
基本AUXはプリだから、音出そうと思ったらHOME上げなくても出るんだよなーーーーーーーねーーーーーーー。
エフェクトを「かける」だけならねーーーーーーーーー。

はい。

ずいぶん含みのある言い方してますが、僕の固定概念があって、あんまりSEND、RETURNっていう考え方が理解出来てない部分があるのです。
音響やる前からギターやってるので、エフェクトをかけるって言われたら、ギターエフェクトのイメージが湧くんですよね。
見た目だけでいうと原音にエフェクトがかかってるように見えるから、訳分からんくなるのよね。
音響での考え方は「原音とエフェクトのかかった音をミックスする」ってのが正しいはず。
これがねーーーー結構難敵でねーーーー僕の中でねーーーーー。

今日は時間がないのでここまで。
次回はどうしようかな。考え中。
スポンサーサイト

デジタル化:2

デジ卓のアレです。二回目。
前回の最後でなんて書いたっけ。AUXだっけ。
前回記事見りゃいいのに見ないアレな僕です。

前提としてAUX1〜4をOMNIアウト1〜4にパッチしてます。
AUX1〜4をモニターに出力する方法書きます。

1 電源を入れる
2 LAYERのMASTERボタンを押す
3 その状態でch1〜4をONにしてフェーダーを0dbまで上げる
4 LAYERの1〜16ボタンを押す
5 1chをONにして(1chにマイクがささってる前提)LAYERの上にあるFADER MODEのAUX1ボタンを押す
6 その状態で1chのフェーダーを上げる
7 OMNIの1からAUX1が出力される
8 音出た!!!!!最高!!!!!

こんな感じでしょうか。
あとは補足とかします。


3の「その状態でch1〜4をONにしてフェーダーを0dbまで上げる」について。

LAYERのMASTERボタンを押すと「ch1〜8」までが「AUX1〜8」、「ch9〜16」までが「BUS1〜8」に切り替わります(初期設定では)。
なので「その状態でch1〜4をON」は説明としては正しくないです。
実際は「AUX1〜4をON」ということになります。
ただ僕の解釈の仕方がそれなのでそう書きました。

あと各chのフェーダーの下に、例えば1chなら「1、17、AUX1」と書いてます。
LAYERの各ボタン押したらこのchはこれになりますよ、って意味ですね。
1が「1〜16」、17が「17〜32」、AUX1が「MASTER」、ということ。
分かりやすいね!へへっ!


次。

5の「1chをONにして(1chにマイクがささってる前提)LAYERの上にあるFADER MODEのAUX1ボタンを押す」ですが、僕がよく間違ってやってしまうことで、モニターをばっさり切りたい時に、FADER MODEのAUX1を選択した状態で1chをOFFにするとフロントも音が出なくなります。
アナログミキサーで考えりゃ簡単な話。
そりゃchをOFFにしたら音は出ない。
しかし僕は何故かデジ卓だと「AUXは独立している」という勘違いを起こして、よくやってしまいます。
馬鹿です。

解決方法は、フェーダーで操作しろ、ってだけ。
あとLAYERがMASTERの状態でOFFにしても出来る。
でもそれすると全部出なくなるので、フェーダー操作がいいね。
もしかしたら設定で独立させたり出来ないだろうか。
まだまだ勉強中。


次に6の「その状態で1chのフェーダーを上げる」ですが、これはAUXの設定がプリかポストかによりますね。
上記説明の場合、AUXの設定はプリ。chフェーダーと連動していません。
設定がポストの場合はAUXのフェーダーだけだと音が出ませんのでchのフェーダーも上げましょう。
設定方法は色々あるみたい。全部把握は出来てない。
とりあえずAUXボタンを押したときに最初に出る液晶の画面で変えられるのでそこでやってます。


という感じでしょか。
なんか間違ってる気がする。
各AUXに各OMNIが対応してますので1ch分だけの説明で今回はおしまい。
次は内蔵エフェクトか?

デジタル化

進む機械化。
音響の仕事の場も例外ではないです。
僕は根っからアナログ人間なので、使ってるミキサーもアナログミキサーなんですが、やっぱり「私が音響マンだ!」と声を大にして言うには色々な機材を使えなければと思い、取り急ぎデジタルミキサーの勉強を始めました。
その中身を、自分のメモ帳替わりとしても、このブログにアップしようかなと思います。
さていつまで続くでしょうか。
ひょっとこれから僕と同じくデジタルミキサーを勉強しようと思ってる人の参考になれば幸いです。
ネットで探しても「初心者向けのデジタルミキサーの使い方」が見当たらなかったので、こんなことを始めようと思いました。

今の僕の目標は、

1 アナログミキサーと同じ事が出来るようになる

2 シーンメモリーを使いこなす

の2点です。

使っているデジタルミキサーはYAMAHAの「01V96」。デジ卓としては1番有名な型じゃないでしょうか。
ネットで調べてるとデジタルミキサーの入門用、みたいに書かれてたり。入門しまーす。

と、言っても何度か入門してるので、ある程度の操作は分かります。三日坊主マン。
あと、前任者の設定が残ってるので、買ってすぐのやつとは違うかも。

とりあえず電源立ち上げ。
あ、写真とかないです。
現在のパッチでは、OMNIの1~4にAUX1~4が繋がってます。
AUX5~8はEFFを挟んでSTIN1~4に繋がってます。
まずは目標の「アナログミキサーと同じ事が出来るようになる」を達成すべく触ります。

SR、フロントスピーカーから音を出す手順。

1 マイクを1chに繋ぐ
2 STEREOフェーダーを0db位置まであげる
3 液晶パネル左側、LAYERの枠の中から1~16のボタンを押す
4 LAYERの上にあるHOMEボタンを押す
5 1chをONにしてフェーダーをあげる
6 おおお音がででで出たたたたた!!!!!

あら簡単。
あら簡単!!!!
あとはアナログミキサーと一緒。
PADもGAINもついてるし。
あら簡単!!!!!

そんな感じで1~16は行けるっぽい。
12ch以降はちょっと違うけど。
あと17~32も。
でもなかなか12ch埋まることもないし、現状は大丈夫かな。

今日はここまで。
次回はAUX。モニター用に音を出します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。