貴様は眼鏡を甘く見た

人生ってSF。

カテゴリー "ギターを直す勇気" の記事

ギターを直す勇気 2

ちょっと長いので本文は下の続きから…

続きを読む

スポンサーサイト

【連載】ギターを直す勇気 1

どうもこんにちわ。
今日からぼちぼちとぶっ壊れたギターを粛々と直していくブログを書いていこうと思います。


さてまずそのギターとはこちら
1.jpg

右側のシールべたべたなやつです。
メーカー不明。削られてます。
大学生時代所属していた軽音学部の部室のロッカーから発掘されました。昔先輩が使っていたものらしいです。
確か、塗装を剥ぎたかったけど途中で飽きてやめたというエピソードがあり、表はマッドな質感になってます。裏はピカピカ。
ちなみに横のフライングVも壊れてるギターです。使えるパーツがあれば合体させようと思ってます。

このギターはひどいノイズが乗った音が出る、という壊れ方をしていました。
いつか直そうと思って置いといたんですが、そのまま何年も置きっぱになってしまっていたので、一念発起、直すため引っ張り出してきました。
そして、やるからにはとことん、まず塗装から変えていこうかな、と。

理想
•木目
•シングルコイルPU スイッチ無し

そんな感じ。リペアの練習になればいいなと思ってます。


ということでまずは塗装を剥がすため色々買ってきました。
2.jpg
•塗装を浮かす剥離材
•塗装を削ぐための金属ヘラ
•塗装に傷を付ける為の金属ブラシ
•剥離材塗るためのブラシ
•サンドペーパー
1500円ぐらいでそろいました。
ネットでやり方を調べていると、なかなか手作業は時間がかかるみたいですね。
まあ急いでないので、ゆっくりやりますよ。

で、ちょっと試しに剥離材使ってみると
3.jpg

こんな感じに。
思ったより簡単にはげていきますなあ。
こんな作業を延々やっていく所存です。
よーし。やるぞー。

ということで今回はここまで。
もしアドバイスなんかあればぜひコメントください。
ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。